中国超級の第29節(11/23)試合結果と最終節展望

■中国超級

  北京国安 1-0 長沙金徳 @北京

11月23日に開催された中国超級・第29節。
残り2節とあって、優勝争い・ACL出場権獲得争い・残留争いが熱いです。

まず、ACL出場権を狙う3位北京は長沙金徳に勝利し、勝点3を加えて3位をキープ。
4位の天津泰達もアウェイで長春亜泰を2-0で破り、北京と勝点1差と追走。

リーグ4位までに来季ACL出場権が与えられる場合、
北京は次節(最終節)に引き分け以上でACL出場権を獲得する。

また、中国超級を脱退により降格が決定している武漢光谷。
武漢光谷の今年の試合は全て3-0の不戦勝となる模様。
以上を順位表に反映しました。

・・
・・大連実徳


<順位表> -第29節終了-
  1.山東魯能 62(29)
  2.上海申花 60(29)
  3.北京国安 55(16)
  4.天津泰達 54(25)
  5.陝西宝榮 52(11)
 -------------------------
  14.大連実徳 30(-8)
  15.遼寧中誉 29(-9)
  16.武漢光谷 降格


次節はついに最終節です。
主な対戦カードは以下の通り。

  北京国安-成都謝菲聯
  河南建業-陝西宝栄
  天津泰達-大連実徳
  長沙金徳-遼寧中誉
  上海申花-浙江巴貝緑城
  山東魯能-広州医薬

一番の見どころは「天津泰達-大連実徳」でしょうか。
ACL出場権がかかる天津泰達と、残留のかかる大連実徳。

今年の天津泰達は粘り強いので、大連実徳が勝点を挙げるのは難しい・・か。
来季のACLに天津泰達が出場してくるようだと、結構厄介かな、と。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-11-24 23:50 | 世界の首都クラブはいま
<< 今年最後の飛田給 サッカーの後はドッジボール >>