世界サッカーリーグ順位2008

この世には「国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)」という連盟があるらしい。
その連盟が「世界サッカーリーグ順位2008」というものを発表したらしい。
 ※ ランキングはこちら

で、日本がアジアで最も評価の良い27位を獲得したとかしないとか。
2年連続でACL優勝クラブを輩出した結果・・ですかね。

なにはともあれ、アジアの中で最高の評価を得られたのは良いことです。
アジア2位のイランが57位ですし、アジアの中ではダントツ・・でしょうか。

  ■ランキング上位
   1位:イングランド
   2位:イタリア
   3位:アルゼンチン
   4位:スペイン
   5位:ブラジル

上位はメディアでよく試合結果が垂れ流れているリーグです。
やっぱしというか当たり前というか。
個人的には8位:メキシコというのが興味深いところです。

  ■主なアジア諸国リーグのランキング
   27位:日本
   57位:イラン
   58位:バーレーン
   60位:オーストラリア
   65位:サウジアラビア
   68位:中国
   79位:カタール
   84位:マレーシア
   85位:韓国
   86位:タイ
   89位:アラブ首長国連邦
   90位:インド

驚いたのが、85位:韓国。
そして、マレーシアリーグがそのひとつ上(84位)に位置しているというこの状況。

判定基準などの詳細は不明ですが、さすがにマレーシアよりは・・
と思ってしまうのですが、実は熱いんですかね。

そんなわけで調べてみました。
しかし、出てきた記事はこんなのあんなのばかり・・

なるほど・・
9日は雪が降るらしいので気をつけましょう。

終わり(え?w
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-08 23:59 | 上記以外の雑記など
<< 2008年の城福東京を振り返る... ACL2009 >>