東アジアの首都クラブあれこれ -3/21・22-

■Kリーグ

  光州尚武フェニックス 1-0 FCソウル

 なにかと好調な光州尚武に敗戦。
 ソウルは開幕戦爆勝からの2連敗となりました。

 首位・全北現代と勝点差4の7位に後退です。


■中国超級

  北京国安 3-1 重慶力帆

 ようやく開幕した中国超級。
 北京は昇格したばかりの重慶と開幕戦を戦いました。

 試合はライアン・グリフィスの得点で先制。
 ※元福岡所属のジョエル・グリフィス(現北京初属)の弟

 も、重慶FWキニーの得点で一時は追いつかれるものの
 コーナーキックから徐雲龍が押し込み勝ち越し。
 その後、PKでダメ押して3-1の快勝となりました。

 重慶は守備をかため、FWキニーに攻撃を任せる堅守速攻のクラブ。
 が、北京のプレイについていけないからか、荒削りなプレイが目立ちました。

 キニーはコスタリカ国籍の選手。
 一瞬の加速力、突破力は圧巻でした。
c0051520_22425225.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-03-22 22:46 | 世界の首都クラブはいま
<< 毎試合1得点 -3 >>