アジアの首都クラブはいま -ACL2009準々決勝編-

そういえば、世界の首都クラブ企画があったことを忘れていました。
世界の首都クラブが現在どうなっているか・・。
日本の首都クラブはJ2昇格断念やら存続へ黄色信号やらといったニュースしかないですが。
ACLも開催中ですし、ACL準々決勝に進出した国々の首都クラブを見ていきます。

■韓国
リーグ戦は9/27、ホームの大田シチズン戦を3-0と勝利しています。
2位と勝点1差ながら、首位に位置づけています。

 【リーグ戦・順位表 -9/30-】
  1位:ソウル 45(18)
  2位:全北  44(19)
  3位:浦項  40(19)
  4位:全南  34(1)

ACLは準々決勝にてウム・サラム(カタール)との試合。
お相手には、マグノ・アウベスとダヴィがいます。

第一戦はアウェイにて、2-3と敗戦しました。
チョン・ジョグの貴重なアウェイゴールを守りきれませんでした。

第二戦は1-1。
守るウム・サラムに対して猛攻を仕掛けるも実らず、敗退となりました。
最後のプレイなど物議を醸しそうなシーンもあり、悔しい試合となったのではないでしょうか。
個人的には、決勝の国立競技場でソウルを見たかったのですが(´・ω・)

ちなみに、Kリーグの得点ランキングは下記の通りです。
この中から何人が来季Jリーグでプレイするのか。
そして、何人が中東にドナドナされていくのか。

 【リーグ得点ランキング】
  1位:イ・ドング/全北現代 (17)
  2位:デヤン/FCソウル (12)
  2位:キム・ヨンフ/江原FC (12)
  2位:アドリアーノ/全南 (12)
  5位:ユ・ジョンス/仁川 (9)


■中国
いろいろ問題続きの中国超級・・
1日のうちに発表された処分の一部ですよ、、これ・・

・浙江巴貝緑城の王宏有選手(出場停止4試合、罰金2万元)
 →審判を罵り、靴を投げつけてレッドカード

・上海申花の陳涛選手(出場停止4試合、罰金2万元)
・賈秀全監督(出場停止8試合、罰金2万元)
・謝暉通訳(出場停止8試合、スタジアム立ち入り禁止2試合、ベンチ入り禁止6試合、罰金4万元)
・張鵬チームドクター(ベンチ入り禁止5試合、罰金2万5000元)
 →試合後、審判に対して執拗な抗議

・山東魯能のジヴコヴィッチ選手(出場停止8試合、罰金4万元)
 →審判の判定に対して唾を吐き、レッドカード
 →その後、契約解除となる


中国サッカー協会が科した、今季の罰金総額が60万元(約800万円)を上回った模様。
元磐田で、唾吐きとは無縁の真面目なイメージだったジヴコビッチが・・。

そんな中、首都クラブ・北京国安はというと・・
9/26に開催されたアウェイ青島頤中戦を1-0にて勝利しました。

得点はDF郎征(ロウ・テイ)のヘッドによるものです。
順位でも、首位と勝点1差の2位につけています。
(大連実徳が3位に・・。ようやく来季はACLの舞台に戻ってくる・・か?)

 【リーグ戦・順位表 -9/30-】
  1位:河南建業 41(9)
  2位:北京国安 40(13)
  3位:大連実徳 38(4)
  4位:天津泰達 37(6)


■ウズベキスタン
ウズベキスタンの首都はタシュケント。
ここを本拠地とする首都クラブは数多くあります。
ここでは、ACLに出場してくるであろう2つのクラブに絞っていきます。

まず、FCブニョドコル
クラブカラーは青と黒です。

監督は元磐田のルイス・フェリペ。
有名選手は元ブラジル代表のリヴァウドが所属しています。
(リヴァウドの契約は2009年までとのこと)

このFCブニョドコル。
現在リーグ戦を23試合やって23勝(71得点9失点)で首位爆走中なんですが・・。
なんなんだ、このひとり勝ち状態は。

ACL準々決勝でもこの勢いそのままに、第一戦(ホーム)は浦項に3-1と勝利しました。
しかし、第二戦を1-4で落として敗退が決定しました。
国内リーグで負け慣れていないからか、終盤は慌てる様が特に目立ちました。
そわそわサッカー。

ふたつめは、パフタコール
クラブカラーは黄色と青です。

なんと、このクラブ・・ACL準々決勝前に主力含む選手11名が退団したとか。
こちらは違う意味で爆走中・・。

ACL準々決勝ではアル・イテハドと対戦。
セルビア人FWのニコリッチの得点で先制するも、1-1で第一戦(ホーム)を終えました。
第二戦は今夜開催されます。
ここまで2つの首都クラブの敗退が決まっているだけに、頑張ってもらいたいとこです。

 【リーグ戦・順位表 -9/30-】
  1位:ブニョドコル 69(62)
  2位:パフタコール 50(41)※
  3位:ナサフ・カルシ 40(13)※
   ※は1試合未消化
   ACL2009には「リーグ戦優勝クラブ」「カップ戦優勝クラブ」の計2クラブ


■サウジアラビア
サウジアラビアの首都はリヤド。
そこに本拠地を置く首都クラブ・・も多いので絞っていきます。

まずは、アル・ヒラル
クラブカラーは青と白です。

サウジのGK=アル・デアイエ。
サウジの10番=アル・シャルフーブが所属するクラブです。
アル・イテハドと共によく耳にするクラブ名ですね。

そして、アル・シャバブ
クラブカラーは白と黒です。

アメリカW杯などで活躍したサイード・オワイランが所属していたクラブです。
日本ではアル・ヒラルやアル・イテハドと比べると、名前を聞く機会は少ないように思います。
サウジ国内でも、人気は上記2クラブに劣るとのことです。

ちなみに、両者ともACL2010の出場権を既に獲得しています。

 【リーグ戦・順位表 -9/30-】
  1位:アル・ヒラル 10(7)
  2位:アル・イテハド 9(9)※
  3位:アル・シャバブ 7(4)※
  4位:アル・アリ 6(3)※※
   ※は1試合未消化
   ※※は2試合未消化
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-10-01 00:26 | 世界の首都クラブはいま
<< かかと落とし 今日のベジータ -ドラゴンボー... >>