韓国の首都クラブはいま -ACL出場権残り1枠・Kリーグ得点ランキング-

【韓国/K】
 韓国国内カップ決勝が開催されました。
 カードは「水原三星-城南一和」

 結果は水原三星の勝利。
 リーグ戦低迷でも、きっちりACL出場権を得る水原三星。

 この結果、ソウルはプレーオフを勝ち抜かないとACL出場権は得られません。
  ※これまでACL2010出場権を与えられたのは、リーグ上位2クラブの全北現代・浦項、カップ戦優勝の水原三星
   ※残り1枠はプレーオフ3位クラブになったクラブに与えられます


 ◆FCソウル、ACL出場権獲得への条件
  11/21にソウルW杯スタジアムにて、リーグ6位・全南ドラゴンズと一発勝負。
  これに勝つと、11/25に「城南-仁川」の勝者とソウルにて一発勝負。
  ここまで2連勝すると、プレーオフ3位が決定するのでACL出場権を得ることができます。

----
 KリーグからJリーグに移籍するケースが多い昨今。
 参考がてら、2009Kリーグの得点ランキングをまとめてみました。
  ※得点ランキング上位のプレイ動画まとめはこちら

  1位:イ・ドング(全北現代モーターズ)       20
  2位:デヤン・ダミヤノビッチ(FCソウル)      15
  3位:アドリアーノ・ネーヴィス(全南ドラゴンズ)  13
  4位:キム・ヨンフ(江原FC)              12
  4位:ユ・ビョンス(仁川ユナイテッド)        12
  4位:キム・ドンチャン(慶南FC)           12


 イ・ドング
  シドニー五輪・韓国代表のエースストライカー。
  海外でのプレイを経て、Kリーグにて力を見せつけています。
  たしか昨年あたり本人の口から「日本移籍はない」とあったような記憶が・・。

 デヤン・ダミヤノビッチ
  今年のACLでの大活躍、またFC東京からも得点を奪っているセルビア人選手。
  ペナルティーエリア内外から機会があればシュートを放つ、得点力のある選手です。
  今オフ、日本に移籍してくるとしたらこの選手か。
  プレイ動画はこちら

 アドリアーノ・ネーヴィス
  ブラジル数クラブ、サウジのアル・ナスルや大田シチズンでもプレイ経験がある選手。
  プレイ動画はこちら
  黄色いユニフォームの10番がアドリアーノ・ネーヴィスです。
  186cmの長身に柔らかい足技も兼ね備え、攻撃の起点となっているようです。
  ちなみに、上記動画にて先制点を決めた白いユニフォームの20番はイ・ドング。

 キム・ヨンフ
  今季初参入した江原FCが誇るストライカー。
  下部リーグにあたるNリーグで実績を積み、26歳にてKリーグデビューした新人選手です。

 ユ・ビョンス
  現地では“仁川のクリスティアーノ・ロナウド”と愛称があるようです。
  ソウル戦でひと騒動を起こすなど、気性の荒さも見える21歳です。

 キム・ドンチャン
  昨年度のカップ戦得点王として頭角を現しました。
  168cmと小柄ながら、人一倍の闘争心で相手ゴールへ向かいます。
  突貫小僧、、というわけでもなく、チームプレイもできる22歳です。
  得点に絡みまくっているプレイ動画はこちら
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-11-14 09:32 | 世界の首都クラブはいま
<< 今日のベジータ -ドラゴンボー... 草津戦勝ち抜き >>