スルガ銀行チャンピオンシップ出場決定戦を戦う首都クラブはいま -南米-

ナビスコカップに優勝すると出場権を得られる大会・・。
それが「スルガ銀行チャンピオンシップ」「パンパシフィックチャンピオンシップ」の2つ。

パンパシフィックチャンピオンシップは開催されるのか、、、、。
まぁ難しいでしょうねー。
公式サイトのやる気のなさは尋常ではありません。

そんなわけで、注目はスルガ銀行チャンピオンシップ。
簡潔に説明するならば、ナビスコ王者とコパ・スダメリカーナ王者が対戦するスーパーカップ。

コパ・スダメリカーナとは、コパ・リベルタドーレスの1レベル下の大会。
欧州で例えるところのUEFA杯がそれに該当する、、と言われているとかいないとか。

そんなわけで、コパ・スダメリカーナは絶賛開催中。
FC東京のお相手がどのクラブになるか気になるところ。
調べてみたら、現在は準決勝まで進行しているとのこと。

  1st   フルミネンセ     2 - 1 セロ・ポルテーニョ
  2nd  セロ・ポルテーニョ 0 - 1 フルミネンセ
  ----------------------------------------------
  Total セロ・ポルテーニョ 1 - 3 フルミネンセ


こちらはフルミネンセが勝ち抜けを決めました。
パラグアイの首都クラブ・・残念。
ちなみにフルミネンセは今年東京といろいろあった、あの都市をホームタウンとしています。


  1st   CA リヴァープレート 2 - 1 リガ・デ・キト
  2nd  リガ・デ・キト        -   CA リヴァープレート
  -----------------------------------------------------------
  Total リガ・デ・キト        -   CA リヴァープレート


こちらは1stが終わって、CA リヴァープレートがリード。
2ndは日本時間・11月20日の7:30キックオフです。
こちらは両者とも首都クラブですね。

CA・リヴァープレートは、日本で一般的に言われているリヴァープレートではありません。
本拠地はウルグアイはモンテネグロ。

クラブ名・ユニフォームは、強豪リヴァープレートに敬意を表して同じものを採用したとのこと。
この“強豪リヴァープレート”はもちろん、アルゼンチンのあのクラブです。

コパ・スダメリカーナ決勝は下記の日程で開催されます。
  第1戦 11月25日(現地時間)
  第2戦 12月02日(現地時間)
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-11-19 22:03 | 世界の首都クラブはいま
<< コパ・スダメリカーナを戦う首都... カタールの首都クラブはいま -... >>