コパ・スダメリカーナを戦う首都クラブはいま

スルガ銀行チャンピオンシップに繋がるコパ・スダメリカーナ。
先程、準決勝が全て終了しました。

リガ・デ・キト(エクアドル)とCA リヴァープレート(ウルグアイ)の一戦です。
結果はこうなりました。

  1st   CA リヴァープレート 2 - 1 リガ・デ・キト
  2nd  リガ・デ・キト      7 - 0 CA リヴァープレート
  -----------------------------------------------------------
  Total リガ・デ・キト      8 - 2  CA リヴァープレート


なんと、ホームとはいえ7-0の爆勝で決勝進出を決めたリガ・デ・キト。
前半18分のPKを皮切りに、よくもまぁボコボコと得点しますわ。
PKを決めたクラウディオ・ビーラーはハットトリックの大活躍でした。

クラウディオ・ビーラーは昨年度のエクアドルリーグ得点王の選手。
この25歳のアルゼンチン人に対して、エクアドル国内では帰化論が巻き起こっているとか。

さて、これで決勝戦はリガ・デ・キトとフルミネンセとなりました。
どちらが来日してFC東京と戦うことになるのか。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-11-20 09:24 | 世界の首都クラブはいま
<< レイジングブラスト スルガ銀行チャンピオンシップ出... >>