南アフリカW杯で日本と同組の国の首都クラブはいま -デンマーク・カメルーン-

今回はデンマークとカメルーンの首都クラブを紹介します。

【デンマーク/スーペルリーガ】
 デンマークの首都クラブの代表は「FCコペンハーゲン」です。
 FC東京みたいに、いかにも首都クラブというようなクラブ名です。
 そして、クラブカラーも青と赤。

 デンマークリーグの創設は1991年。
 創設年だけ見れば、Jリーグとそう大差ありません。

 FCコペンハーゲンの成績について。
 国内タイトルは1993年に初タイトルを獲得後、2000年代に全盛期を迎えます。
 2001年に2度目のリーグタイトルを獲得後、計6回のリーグ優勝を達成しました。
 その他、国内カップタイトルを3度等、数多くのタイトルを獲得しています。

 現在、リーグ戦は18節を終えて2位につけています。
 首位・オーデンセBKとの直接対決に勝利し、勝点1差で追いかける展開。

 リーグは今節終了に伴い、中断期間に突入。
 再開は来年3月です。

 <デンマーク・スーペルリーガ順位表 -18節終了->
     1位:オーデンセBK     38(12)
     2位:FCコペンハーゲン  37(20)
     3位:エスビャウFB     33(10)



【カメルーン/プレミア】
 プレミアディビジョンに所属している首都クラブは「キャノン・ヤウンデ」です。
 クラブ創設は1930年。
 クラブカラーは緑と赤。

 国内において、リーグ優勝9回・カップ優勝11回を獲得しており、
 アフリカ国際大会でも4度の優勝経験がある名門クラブです。

 しかし、近年はタイトルから見放されており
 最後に獲得したのは2002年のリーグ優勝まで遡ります。
 現在のリーグ成績は第8節終了時点とはいえ、勝点6の12位。
 
 <カメルーン・プレミア順位表 -8節終了->
   1位:コトンスポール・ガルア     19(12)
   ~~~~~~~~~~~~~~
   12位:キャノン・ヤウンデ        6(-3)
   13位:ヤングスポーツ・アカデミー  6(-3)

[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-18 09:07 | 世界の首都クラブはいま
<< 驚異的な中毒性 今日のベジータ -ドラゴンボー... >>