新西蘭・葡萄牙の首都クラブはいま

【豪州/A】
 Aリーグ参加クラブ中、唯一の首都クラブ。
 それが「ウェリントン・フェニックスFC
 この1クラブのみ、ニュージーランドからAリーグに参入しています。
  ※以前はニュージーランド・ナイツFCが唯一参加していた。
  ※事前評価も低く、シーズン結果もその通り(2005年から2年連続で最下位)となり、2007年1月に解散。
  ※ニュージーランド・ナイツFC解散後に結成されたのが、ウェリントン・フェニックスFCです。


 1/9、ウェリントン・フェニックスはブリスベン・ロアーと対戦しました。
 前線を張るのはバルバトス代表のポール・イフィル
c0051520_8511388.jpg
 と、コートジボワールのウジェーヌ・ダディ。
 この試合、2得点の大活躍。
c0051520_8521322.jpg
 イフィルは前線から積極的に守備をするなど、攻守にわたって活躍しました。
  ※加えて、センターサークル付近までボールを貰いにくる姿は元FC東京のルーカスっぽかった

 その外国人2トップを支えるのが、ニュージーランド代表MFティム・ブラウン。
 このクラブの副キャプテンだそうです。
 セールスポイントは打点の高いヘッドらしく、この試合でもヘッドで先取点を得ました。
c0051520_8524739.jpg
 つか、Aリーグはハーフタイムの控室までTV中継するんですね。
 サカつくみたい。
c0051520_853678.jpg
   ウェリントン・フェニックスFC 3-1 ブリスベン・ロアー
   試合ハイライトはこちら

  【オーストラリア / Aリーグ順位表 21節暫定】
   1位:シドニーFC             38(9)
   2位:メルボルン・ヴィクトリー      35(7) ※
   3位:ゴールドコースト・ユナイテッドFC  34(2)
   4位:ウェリントン・フェニックス     28(6)
   5位:ニューキャッスル・ジェッツ     28(-6) ※
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ※は21節未消化

--
【葡萄牙/スーペルリーガ】
  スポルティング・リスボン 1-0 レイショエスSC

 日本時間1/10の4:15試合開始のこの試合。
 試合の主導権を握り続けたのはスポルティング・リスボン。
 数多くの決定機を演出しますが、演出するだけ。
 レイショエスSCのGKディエゴ・シルバのスーパーセーブもあり、0-0が続きます。
c0051520_858134.jpg
 しかし83分、右CKからDFトネルのヘッド炸裂で先制。
 この1点を守り切り、勝利しました。
 まさにもぎり取った勝点3・・そんな試合でした。
c0051520_858528.jpg

--
  リオ・アーヴェ 0-1 ベンフィカ・リスボン

 日本時間1/10の6:15試合開始のこの試合。
 ベンフィカは47分・サビオラの得点で勝利し、首位を守りました。
c0051520_954186.jpg
  【ポルトガル / スーパーリーガ順位表 15節暫定】
    1位:ベンフィカ・リスボン   36(30)
    2位:スポルティング・ブラガ  36(15)
    3位:FCポルト         29(16) ※
    4位:スポルティング・リスボン 24(5)
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ※は15節未消化

[PR]
by wakusei-murakyo | 2010-01-10 09:05 | 世界の首都クラブはいま
<< FC東京 2009シーズンを振... FC東京 2009シーズンを振... >>