アル・サッド(Al Sadd)、ACL優勝

■アジアチャンピオンズリーグ決勝
全北現代モータース 2-2 アル・サッド @全州ワールドカップ競技場


全北現代は今年のKリーグでも優勝。
ACLは、セレッソ大阪を大差で破って決勝に進出。

対して、アル・サッドはプレーオフからの出場。
セパハンの凡ミスがなければ、敗退が決まっていた身でした。

しかも、開催はアウェイの地・全州ワールドカップ競技場。


戦前の予想では、アル・サッドには厳しい声ばかりでした。
しかし、アル・サッドは中東戦法を交えてカウンター中心に試合を進行。
前線3枚の個人技などで、2得点を挙げたのです。

そんなこんなで、アル・サッドの来日が決定しました。

・・
・・そう、クラブワールドカップの出場権を獲得したのです。

日本でカタールのクラブを見ることができるとは・・。
行けたら行きたい!

これで、首都クラブのクラブワールドカップ参戦が決定しました。
見所ができて良かった良かった。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2011-11-05 23:17 | 世界の首都クラブはいま
<< 昇格マジック1 湘南戦を控えて >>