カテゴリ:Fayray Tokyo( 5 )

Fayray 黒歴史

Fayrayの黒歴史時期とは。
多分、DA時代のFayrayだと思われます。
 ※ DA時代とは、浅倉大介がプロデュースしていた1998年~1999年の間

Fayrayこと大橋美奈子(東京都出身)。
“ミス立教”のタイトル(?)を引っさげて吉本興業入り。
映画「キングコング」のセリフをもとに、芸名をFayrayとします。

デビュー当初は浅倉大介が楽曲をプロデュース。
下記がその楽曲ら。
  1.太陽のグラヴィティー(1998/7/29発売)
  2.YURA・YURA~Vibration(1998/10/21発売)
  3.Powder Veil(1999/2/10発売)
  4.Daydream Cafe(1999/5/12発売)
  5.Same night, Same face(1999/10/14発売)

 アルバム「CRAVING」
  1.Neon Tetra
  2.UNTOUCHABLE GIRLS  ←西川貴教の「アンタッチャブル Girls」のカヴァー
   など

デビュー時こそ、ミス立教の清楚さを全面に出していたものの
c0051520_1339532.jpg

早くも2作目「YURA・YURA~Vibration」からアンドロイド路線に変更。
同時期、西川貴教には自身のラジオ番組で「マネキン」とネタにされる。
c0051520_13393496.jpg

数年前ですが、黒歴史時代のPVを動画サイトに投稿しようものなら、即刻削除された時期もありました。以前確認した中では、投稿から2日もせずに削除されていたものもありました。
今ではちらほら残っているようです。

5作目「Same night, Same face」を最後に、セルフプロデュース路線に変更。
これまでを否定するような楽曲や容姿を見せ始めるようになります。

 tears
c0051520_1340152.jpg


 Baby If
c0051520_13401866.jpg

もともと本人はこういうのを目指していたのでしょう、きっと。
自分は黒歴史時代の方が好きですが・・
「YURA・YURA~Vibration」や「UNTOUCHABLE GIRLS」の力強さとかは好きです。

PVではないですが、黒歴史時代の楽曲メドレー → ニコニコ動画
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-08-28 13:49 | Fayray Tokyo

おかしい

おかしい。
先日届いた後半分の年間チケットが消えた。

足や羽が勝手はえて、どっかいったのだろうか。
そもそも物理的にそういうことはありえるのだろうか。

そんなことよりおかしいことが起きている。

当Blogの検索ワード。
少し前までは「ベジータ」がダントツトップでした。
当Blog名を考えたらあたりまえのことです。

が、最近異変がおきています。
「fayray 黒歴史」という検索ワードが「ベジータ」を抜いてダントツトップなのであります。
 ※ もちろん、「FC東京」なんか検索ワードランキング10位にも入っていません
c0051520_16214371.jpg

これは「新型インフルエンザ」「総選挙」などと並んで
いま世間様が気になっているワードに認定していいかもしれぬ(´∀`)

つーか、6位7位のやつで検索する人もする人か。
「裏ベジータ」とか知らないですし、書いたこともないです|ω・`)
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-08-27 16:50 | Fayray Tokyo

沢尻エリカ

YouTubeを見ていた。
なんという土曜ライフ。

まぁ、年間チケットの再送を待っていたんですが。
そこでDA型Fayrayの動画発見。

『太陽のグラヴィティー』をひっさげて、HEYHEYHEY!に乗り込んだ我らが大橋さん。
デビュー曲のPRということで、やはり初々しいです。


この動画を見ていて、改めて思ったこと。
やはり大橋さんにとって、この頃のFayrayは黒歴史だということ。
でも、この頃のFayrayが一番輝いていたなー、と。

ダウンタウンとのトークで、当時の黒歴史ぶりが垣間見られますね。
この頃から、俗に言う方向性の違いを抱いてたんだな、と。
つーか、Fayrayって芸名だったんですか(笑
Fayrayファン歴10年目突入の惑星さんもビックr・・・

・・
・・今更気がついた新事実。
FayrayはFC東京と同期だということ。
なんという関係。

これは10周年シーズンの開幕戦ゲストとして申し分ないな、東京都出身だし(・∀・)
まぁ、問題は本人がそのためだけにニューヨークから東京へ来るかってことで。
まだトリノからネの人が来る方が可能性高いですね(´・ω・)


そんなわけで、この動画は来週には削除されていると思います。
お好きな方は飽きるほど見ておきましょう(´∀`)
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-02-16 17:11 | Fayray Tokyo

4月18日

今日、4月18日はFayray姉さんの誕生日。
年齢はー・・・えー・・信男の少し下くらい

誕生日を迎えても一向に更新されないFayray姉さんのBlog
次の更新はいつでしょうね。

誕生日おめでとうございます!
[PR]
by wakusei-murakyo | 2006-04-18 16:29 | Fayray Tokyo

東京が生んだ天才シンガーソングライター・Fayray

出口調査もなければ途中経過もなし。
ここの区からでる当選者は後から付け加えればいいや感が全開だった区に住んでいる惑星ベジータへようこそ。
おかげで日付がかわるくらいまでテレビに釘付けでしたよ。あぁ疲れた。

と、いうわけで疲労回復を名目にこちらさまからお借りしたDVDを見ていました。
その中身は浅倉大介プロデュース(略して浅P)楽曲のPV集。
我らがT.M.Revolutionや藤井隆、access、IcemanなどのPVが詰まっているもの。
それを戦利品である黒酢ジュースを飲みながら鑑賞していたら、やけに突出している存在が。

そう。東京が生んだ天才シンガーソングライター・Fayray
ここからいくつか視聴できます)


c0051520_9395814.jpg太陽のグラヴィティーより
初期のFayray。
普通の女性というか普通の女性。どこにでもいそうな感じ。

ニューヨークかどっかのカフェでばったり浅倉大介と出会い
そのまま浅P入り。
Fayrayって名前はなんかの映画の中から取ったって感じだったハズ
(↑のあたりは曖昧)

※この時期は普通に浅Pのもとで活動していました



c0051520_9221734.jpgBaby ifより
明日があるさの挿入歌で使われていた楽曲。

21世紀に入り、なぜか化粧品のCMに出演。
だからか知らんけど高校卒業してハジけちゃいました~!みたいなサイボーグ化変わり様。
最初見た時、誰、この人と思いました。

※この頃から浅倉大介の元を離れ、セルフアルバムを発表するようになる


c0051520_9234234.jpg
HOURGLASSより
注:吉田美和ではありません

すっきり爽やか。一気に落ち着きました。
最初見た時、誰、この人と思いましたが。
こうまでくるとイメチェンでは片づけられません。

6年間でこんなにも変われるもんなんですね。
ヤムチャばりの容姿変化にビビリまくりです。


そういうわけでPV集を通してFayrayとかいろんな人の容姿変化を堪能できたわけ。
もうね、ヤバいよ。
貴水博之なんて京本政樹?って感じだから。

そうそう。Fayrayってたしか西川貴教のオールナイトニッポン時代にネタにされていたよね。
マネキンとかって。
そりゃ、指だけ動かしてカメラ目線で睨んでるPV見せられたらそうなるわな。

まぁなんだかんだで愛されている、東京が生んだ天才シンガーソングライター・Fayray。
いつかスタジアムでYou'll never walk aloneを熱唱してもらいたいな。
そうとう迫力あるぞ、きっと。ユルネバだけは西川貴教よりFayrayの方を聴きたい。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2005-09-12 11:54 | Fayray Tokyo