カテゴリ:レトロゲームCX( 27 )

コンビネーションプロサッカー -Jリーグの監督になって世界を目指せ-

1998年にPSソフトとして発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。
多分、PSソフトで初のサッカークラブ経営シミュレーションゲームでしょう。
「コンビネーションプロサッカー -Jリーグの監督になって世界を目指せ-」

サッカークラブ経営シミュレーションゲームといえば「サカつく」・・
しかし、このソフトはある意味「サカつく」以上のクオリティだったかもしれません。

そのプレイ動画が、ついにニコニコ動画に・・。
up主は名古屋グランパスでプレイしています。


当ソフトは1998年Jクラブの監督となって世界一を目指します。
・・そのままですね。

このソフトと「サカつく」の違いをいくつか挙げると・・
 1.選択したクラブによって難易度が違う
  プレイヤーは1998年のJクラブから、経営するクラブを選択します。
  やはり当時強かった鹿島や磐田を選択すると楽です。
  もちろん、観客動員数が多いほど収入が多くなります。
  それは成績やスタジアムの規模によって違ってくるので、強いクラブは難易度低です。

  自分は横浜、磐田、福岡、浦和でのプレイ経験があります。
  やはり磐田は楽でした。
  急いで補強しなくても、有望な若手選手が沢山いましたし。
   ※引退間近のドゥンガが在籍しているうちに、後継者の獲得・育成する必要がありましたが

  対して福岡は大変でした。
  3年もしたら原形を留めていないチーム編成となっていました・・。
  でも、その分やりがいは大きかったです。

 2.手持ちの資金額が数字化されていない
  なので、“なんとなく”使っていかねばなりません。
  まぁ、3シーズンくらいやれば残金がどの程度かなんとなくわかってきます。
  「この選手に数千万・・」といった細かいお金のやり取りはありません。
  そんな「ちっちゃいことは気にするな!」がこのゲームのコンセプトです。(?)

 3.足の速さが攻略の9割
  特に序盤はこれが大きいです。
  足の速い選手がいれば、ぶっちゃけアルゼンチンが相手だろうが得点できます。

  例えば、磐田に中山・高原・川口信男の3人のFWがいます。
  たしか、各人のパラメータは下記の通りでした。
   ※10年以上前の記憶ですので、違っているところもあると思います

      氏名    パワー スピード スタミナ テクニック 決定力 積極性
    中山 雅史    B     E     C     E     B     C
    高原 直泰    A     D     D     E     C     D
    川口 信男    D     B     D     E     D     D

  これでリーグ得点王は川口信男。
  日本代表の2トップは岡野と川口信男でした。

 4.隠しキャラにあんな選手やこんな選手が
  あんな選手や
c0051520_1040341.jpg
  こんな選手が・・
c0051520_10402560.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2010-01-12 10:29 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -1年-

ラディッツを倒したピッコロ大魔王。
しかし、1年後にサイヤ人が地球にやってくるという。
ピッコロ大魔王はソンゴハンを連れていくことを、後からのこのこでてきた3名に伝える。
c0051520_18271088.jpg

そのサイヤ人。
地球に向かっています。
ベジータ初登場!
c0051520_18272183.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-08-04 00:03 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -魔貫光殺砲-

前回のお話

ゴハンカードを使って形勢逆転としたソンゴクウとピッコロ大魔王。
「すてみ」コマンドが現れ、これを選択するとソンゴクウがラディッツを押さえ付けに入る。
c0051520_031197.jpg

原作通りに魔貫光殺砲を発動。
もちろん、魔貫光殺砲以外にも攻撃はできるが、ソンゴクウもダメージ受けてしまう。
必カードがでてきたら、さっさと使ってしまいましょう。
もちろん、KIがない状態でKIを回復させるカードもなければ事実上のゲームオーバーです。
c0051520_03302.jpg

二人の身体を貫き戦闘終了。
超サイヤ伝説のクオリティの高さを感じていただけたでしょうか。
しかし、これはまだまだ序の口でして・・
c0051520_034494.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-07-30 23:54 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -突撃隣の晩ゴ(ry

あらすじ

ソンゴクウとピッコロ大魔王の攻撃はラディッツにききません。
そこで、お助けカードの「ゴハン」を使います。
c0051520_23454254.jpg


原作そのまま。
ゴハンがラディッツに突撃します。
c0051520_23455288.jpg

ちなみに、このゴハンカード。
これを持っていないと、どうやってもラディッツに勝てません。

こういう場合、普通はゴハンカードを入手するように導いて、入手してからラディッツ戦へ突入するように製作側が考慮してくれるもの。しかしこのゲームにそんな甘えはきかない。まさにスパルタである。


そう、ゴハンカードの存在に気がつかず、ラディッツとの戦闘に突入する場合がある。
フィールドにゴハンカードの重要性を語る、ドラクエでいうとこの村人Aもいない。


ゲーム開始直後に所持しているドラゴンレーダー。
これを頼りにすると、ゴハンカードを入手することはできません。
なんというトラップ。

このように、ほぼノーヒントでゲームを進行していく。
これが超サイヤ伝説の魅力のひとつ・・なのでしょう、きっと。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-07-29 23:57 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -前座宣言-

前回までのあらすじ

えー、息子を攫われたカカロットことソンゴクウが兄弟喧嘩しに行くシーンです。

ソンゴクウとピッコロ大魔王の攻撃を受け付けないラディッツ。
戦闘能力1,500のくせに凄いぞラディッツ。
c0051520_23485621.jpg

調子にのったか、他の2人のサイヤ人が地球へ向かっていることを口にする。

真の主役は遅れてやってくるということですね、わかります。
c0051520_2349649.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-07-28 23:58 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -戦闘システムについて-

前回までのあらすじ

そんなわけで、弱虫ラディッツと戦うこととなったソンゴクウとピッコロ大魔王。
c0051520_15232385.jpg


ここで超サイヤ伝説の戦闘システムについて少し説明したいと思います。
c0051520_1530633.jpg
HPはそのまま。
KIはドラクエでいうとこの「MP」。
BPは「キャラの戦闘能力」。

「たたかう」以外にも、HP回復やBPを上昇させる「お助けカード」というのもあります。ドラクエでいうとこの「どうぐ」と同じでしょうか。



戦闘には画面下にあるカードを選択します。各キャラがもつBP(戦闘能力)を基準として、カードの左上に書かれている数値によって攻撃力が変動します。Z・7・6・・1の順に相手に高いダメージを与えることができます。カードの右下に書かれている数値は防御力に影響があります。これも前記通りに変動されます。

画面の左3枚のように「必」と描かれているカードを選択すると必殺技が使用できます。
ソンゴクウなら「しょうげきは」「カメハメハ」などです。その場合はKIを消費します。

以上、次回は本編に戻ります。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-07-27 15:58 | レトロゲームCX

超サイヤ伝説 -サイヤ人襲来-

久々に超サイヤ伝説をやりました。
その軌跡をここに残しておきます(´∀`)

更新頻度については期待しないでください。
進行次第やっていこうと・・今のところは思っています。
なんか浅利の大冒険とかやり逃げですね。


で、超サイヤ伝説。
これはドラゴンボールZのサイヤ人襲来編とナメック星編を舞台としたゲームです。

一応主人公はソンゴクウ。

しかし、このソンゴクウ。
ゲームの大部分に登場してきません。

そんなソンゴクウの息子、ソンゴハンが攫われる。
攫ったのはソンゴクウの兄貴、弱虫ラディッツ。
ソンゴハンを取り戻すため、ソンゴクウはライバルであるピッコロ大魔王とタッグを組む。
c0051520_123594.jpg

[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-07-26 01:33 | レトロゲームCX

浅利の冒険 その4

前回までのあらすじ
------------------------------------------

何気に選手生命の岐路にたっている我らが浅利。

成功確率20%とされる「能力を上げたい」の手術結果は如何に・・

・・

・・

・・

c0051520_0371742.jpg

成功。
なんという運の良さ。
これからはスーパー社員の時代(・∀・)

と思いきや、翌週さっそく脱臼をしてしまう我らがパワフル物産のスーパー社員。
c0051520_0373416.jpg



                                           -完-
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-05-08 00:40 | レトロゲームCX

浅利の冒険 その3

すっかり間があいてしまいました。
浅利の冒険、前回までのあらすじ

----------------------------
街で一方的に話しかけられ、それにノコノコとついていく我らが浅利。

ボールを7個集めたわけでもないのに、何か願いを叶えてくれるという。
そんなわけでお言葉に甘えることに。

どう考えても一番怪しい「能力を上げたい」を選択する、我らが浅利。
c0051520_1234480.jpg

この先、いったいどうなってしまうのかー?(ファイトクラブ風
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-04-29 01:28 | レトロゲームCX

浅利の冒険 その2

c0051520_22235481.jpg

前回までのあらすじ
新人の雑用を押し付けられる、我らが浅利。

東京ガスの洗礼でしょうか?
いや、ここはパワフル物産でした。

そんな中、街で怪しい博士と遭遇する、我らが浅利。
c0051520_22251428.jpg

この先、いったいどうなってしまうのかー?(ファイトクラブ風
[PR]
by wakusei-murakyo | 2008-04-07 22:31 | レトロゲームCX