<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

十人十色

  【十人十色】
  人の考え方などは、それぞれ違っていること。


wikiで十人十色の意味を検索すると、↑のようなのが記載されていました。
意味を検索するのならwikiではなくgoo辞書とかでやれってお話ですよね。
wikiの検索後に気がつきました。

で、トーチュウによる平松紹介記事に
 >謙虚に周りの意見を聞き、自分のプレーに生かすことができた。
 >たくさんの人の話を聞くことでいろいろな道が開けてくる。
 >人から吸収することで成長することができる。
 >それがあるうちはもっともっとうまくなれると思う

とある。
この記事を見ると、謙虚で真面目な選手という印象を受ける。

このような選手紹介を読むと、いつも心配になってくることがあります。
それはこの選手が他人の意見を聞きすぎてスランプに陥ること。
それもただ陥るだけならいいですが、実力を発揮できずにそのまま・・なパターン。


たしかに客観的に見ているだけ、第三者の意見は的を射ている場合が多い。
しかし、数多くの意見を聞きすぎて自分を見失うこと・・これが怖いところです。

蹴球界でも、J1というのは好き勝手に意見だけ言われる世界ですので、そこらへんが心配。
うまく意見を取捨選択して、東京のレギュラーとして活躍する姿が見たいです。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-30 19:39 | FC東京

2008年の城福東京を振り返る -12月-

■12/6(土) ジェフユナイテッド千葉 ● 2-4
 1年に1度見ることのできるかどうか・・
 そんな“奇跡”という言葉があてはまる試合でした。

 だって・・ねぇ、73分までは完璧な試合展開でしたよ。
 今シーズン最高の試合ぶり、といっても過言ではなかったくらい。
 
 判定も東京寄り。
 目の前では深井だけを完全制圧する徳永。
 実際、J2降格する雰囲気の相手と戦っているような雰囲気を感じられました。

 それが74分の新居の得点から・・。
 ただの0-2からの1点返しではなく、あれには強烈なものがありました。
 もちろん、2008年に数多く見られた浮足立つ悪い癖もいけないわけですが。
 
 とりあえず、慌ててFWを投入する柱谷監督の姿だけが想像できた残りの16分。
 
■12/20(土) 清水エスパルス ○ 2-1 天皇杯準々決勝
 仙台で開催された試合。
 2008年の東京の良い部分を象徴するような試合でした。

 牛タンが半端なく美味しかった。
 そして仙台空港・・まぁこれについては置いておきましょう。

■12/29(月) 柏レイソル ● 1-2 天皇杯準決勝
 2008年の東京の悪い部分がでた試合。
 自分が優位にも関わらず、なぜ失点すると慌てるのか。
 この点が2009年への課題になったと思います。

■12月まとめ
 東京の良い部分と悪い部分がよく見えた月だったと思います。
 悪い部分はできるだけ修正して、2009年に繋げていただけると・・。

 そんなわけで、リーグ戦、天皇杯の結果でACL出場権をつかむことはできませんでした。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-28 22:24 | FC東京 2008

2008年の城福東京を振り返る -11月-

■11/3(月祝) ベガルタ仙台 ○ 2-1 天皇杯4回戦
 J1昇格を争うJ2クラブとの対戦。
 昇格に向けて戦力温存もあるし、J1昇格が絶望的なクラブよりかは戦いやすいカード・・か。

 試合は平山の2得点で勝利。
 延長戦の存在を忘れていて、試合後に予定を入れていた身としては助かりました。

 また、ユキヒコと宮沢のプレイも見ることができました。
 ユキヒコは東京を去ってからいろいろとありましたが、ようやく・・
 やはり「俺達のユキヒコ~♪」がよく似合う。

■11/8(土) ガンバ大阪 ○ 3-1
 カボレ、石川、平山、ルーカスと4得点爆勝だった試合。
 3点リードでも気の抜けない展開で、66分以降は苦しい時間帯が続きました。
 
 そんなACL決勝の真ん中に開催された試合なのに、主力温存しないガンバでした。

■11/15(土) アルビレックス新潟 ○ 3-2 天皇杯5回戦
 寝坊したおかげで5得点とも見ておりません!
 到着が逆転得点直後ってどんだけ~!
 やはり味スタ試合での寝坊と鳥取試合での寝坊は訳が違いました(´・ω・`)

■11/23(日) ヴィッセル神戸 △ 1-1
 三宮駅周辺の金券ショップで格安チケットを入手してから向かいました。
 三宮駅からのチャリ移動は結構オススメです。

 結果的にはよく追いつくことのできた試合。
 でも、この試合を引き分けてしまったことで優勝はおろか3位も厳しくなってしまいました。

11/30(日) アルビレックス新潟 ○ 1-0
 2週間前に天皇杯で対戦している両者。
 結果はホーム最終戦を赤嶺シンゴールで勝利しました。

 また、ここしばらくのエメルソンの起用ぶりを見ていて
 来年度以降の契約更新はないのかな・・と思ってみたりしていました。

■11月まとめ
 無敗だった月。
 しかし、やはり神戸戦での引き分けが痛かった・・。
 あの失点ももったいない失点の仕方でしたし。

 11月を終えて、3位入りも非常に厳しい状態になりました。
 で、12月の最終節で4位入りを目指すことになるわけですが・・。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-27 00:46 | FC東京 2008

2008年の城福東京を振り返る -10月-

■10/4(土) 清水エスパルス ● 1-5
 初優勝へ向けて~♪(・∀・)と意気込んで迎えた試合。
 が、結果これ。
 しかも、戸田にまで得点を記録させてしまう内容。

■10/18(土) 大分トリニータ ● 0-1
 堅守を誇る大分から得点を奪えず、敗戦。
 この結果、優勝争いどころか、3位入りも難しくなりました。

■10/26(日) 鹿島アントラーズ ○ 3-2
 TBSで放送される中、爆勝してしまった試合。
 毎年恒例の上位の足を引っ張る東京、超バモス。
 この勝利で、優勝または3位入りも再び視野に入ってくることになります。

■10月まとめ
 9月に爆進したのにも関わらず、爆退してしまった月でしょうか。
 清水と大分での敗戦。
 結果的にこれらが東京の3位入りか漏れかの分岐点だったと自分は思います。
 特に大分戦・・。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-26 01:04 | FC東京 2008

新潟→浦和→

開幕戦と第2節の対戦相手が判明しました。

トーチュウによると開幕戦がホームで新潟。
まずは春先の新潟遠足は避けることができた・・と。

第2節はアウェイで浦和。
日産レンタカーの看板やら赤提灯の居酒屋でされ浦和関連に見えてしまう日が早々と・・
まぁ東京が弱い夏場に埼玉で対戦することが避けれただけでも良し・・ですかな。
記事にもある通り、浦和には4年間も勝てていませんからね。

つーか、なんというコタニキンヤな流れ。


そうそう。
記事に「2004年11月のナビスコ杯決勝でPK勝利を挙げて以来、対浦和10戦未勝利」と
記載されていますが、「対浦和11戦未勝利」の間違いだと思いますぜ。

2004年の天皇杯→1戦
2005年のホーム&アウェイ→3戦
2006年のホーム&アウェイ(リーグ)→5戦
2006年のホーム&アウェイ(ナビスコカップ予選)→7戦
2007年のホーム&アウェイ→9戦
2008年のホーム&アウェイ→11戦
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-25 17:55 | FC東京

踊るGET NIGHT!

Firefoxのマスコット「フォクすけ」。
c0051520_2254105.jpg
これ系統のマスコット誕生を願っていたわけですが、ついに発表されました。

c0051520_2257307.jpg

なにこの究極のマザコンロッカーを彷彿とさせるキャラは。
c0051520_22574078.jpg

それとなく「コタニキンヤ」でググって公式サイトを見てみた。
城咲仁っぽくなっていた。
「キンヤ」に改名後はマザコンキャラではなくなったのね(´・ω・)

そんなわけで、今年の開幕戦ゲストはコタニキンヤ改めキンヤで。
問題は新潟生まれ埼玉育ちといった点だけでしょうか。


ついでに西川貴教改めT.M.Revolutionの公式サイトを見てみた。
バクがあった(´・ω・)
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-24 23:09 | FC東京

ヴェルディ身売り

ヴェルディに身売り話があるとかないとか。

これがどの段階まで話が進んでいるのかわかりませんし、
そもそも真実(既定路線)かどうかも自分にはわかりません。

親会社(※)が代わると、クラブのイメージも代わって見えます。
それによるファン離れ・・も多少なりとも影響はあると思います。
 ※ クラブの株式を50%以上保有する企業


しかし、考え方によってはクラブの現状を一変させる絶好の機会でもあります。

この経営権譲渡によって、名門時代が戻ってくるかもしれない。
5年後にはFC東京との立場が逆転しているかもしれない。

日能研卒業の自分は、なるようになっていく様をただ見ていくだけです。
とりあえず、FC東京の名前に「V」を入れる展開だけは勘弁。


川崎市を捨てて東京都に乗り込んできたヴェルディ。
Jリーグ王者として君臨して一時代を築き、発足から長い伝統を誇るヴェルディ。
「ほんとに読売」って感じのするヴェルディ。

そんなヴェルディが相手だからこそ、東京ダービーはおもろいんです。
1つ1つの得点やプレイから受ける喜怒哀楽は他クラブから受ける物の比ではありません。
名門が古豪になった今も、それに変わりありません。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-19 23:59 | 上記以外の雑記など

沖縄は北谷への道

あれから1週間以上・・まったく音沙汰のない話題。

そう、沖縄で開催される札幌とのPSM情報の続報。
1月10日にトーチュウで報道されてから、正式リリースがまだないではないか。

そんなでも、まぁ週明けあたりに発表されるんじゃないかなぁ~とか思っています。
そんなわけで、北谷への行き方を調べていきたいな、と。


まず、試合会場となる“北谷”について。

北谷・・
北の谷と書いて“ちゃたん”と呼ぶらしいです。

那覇空港と北谷の位置関係についてはこんな感じです。
まずは沖縄県内での両者の地理的な位置づけを理解しないといけません。
 1.左下のが那覇空港
 2.右上のが北谷公園陸上競技場
c0051520_1621866.jpg
そうそう。
ここまでしておいてアレですが、スタジアムはまだ未発表・・ですよね。

「北谷」で検索して最初にひっかかったスタジアムが北谷公園陸上競技場だったので、
ここで開催されることを前提に書いていきます。


さて、少しアップで見てみる。
那覇市街地の那覇バスターミナルからスタジアムまで、バス停が沢山あるお(´・ω・)
 運賃:約50分
 所要時間:580円

  ※ 那覇空港からも北谷方面へのバスはでている・・らしい
  ※ 詳細はこちら様
c0051520_167580.jpg
聞く話によると、沖縄は交通機関が十分ではないようです。
自分みたいに普段車を運転しない人は慎重に事前準備をしていきたいところです。
一応、公共の交通機関を使ってスタジアムまで行けるようで安心しました。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-18 18:26 | FC東京

2008年の城福東京を振り返る -9月-

■9/13(土) 大宮アルディージャ ○ 3-1
 先制されるも、同点→逆転→ダメ押しの最強コンボ。
 いつ以来か、FKで蹴ったボールが直接ゴールに飛び込むシーンを見ることができました。
 この1勝で1部残留は大丈夫かなーと思った次第であります(`・ω・´)ゞビシッ!!

■9/20(土) 川崎フロンターレ ○ 1-0  
 川崎としては本当に痛い1敗だったでしょう。
 10人の東京相手にあれだけ攻めて・・
 2008年の最終的な成績を見たら余計ですな。

 この試合を終えて、「本当に東京は逞しくなったなぁ」と思いました。
 赤嶺が負傷退場するし、今野は退場するし・・
 そういえば、今シーズンの今野って退場多いですね。
 
■9/23(火祝) ジュビロ磐田 ○ 5-1
 サッカーというものはロスタイムになっても勝敗がわからないものです。
 3点差だとしても、1点取り返すとスタジアムの雰囲気が変わり
 あれよあれよと逆転までしてしまう展開になってしまいます。

 それでもこの試合は69分の石川の得点で東京の勝ちが見えてしまいました。
 カボレを抑えることのできない磐田DF、足元の芝を直すヨシカツ・・
 
■9/28(日) コンサドーレ札幌 ○ 2-1
 先制されるも逆転勝利。
 今シーズンは逆転勝利が多いなぁ。
 ススキノらも楽しめた旅行でした。

 試合前日は札幌ドームで日ハムと西武の試合を見てきました。
 なんとなくですが、サッカー観戦は厚別競技場の方が良いような気がしました。

 もちろん天候や地理的なことを考えたら札幌ドームですけど。
 なんとなく、厚別が札幌にとっての聖地と言われる理由が見えました。

■9月まとめ
 そんなわけで爆裂4連勝の9月無敗だったFC東京。
 この連勝で優勝戦線に少しだけ顔を出せるようになりました。
 マラソンで例えるなら、先頭集団から少し離された第二集団の先頭ランナーみたいな位置。

 9月は勝負強い東京が特に見れた月でした。
 例年通り、東京が一時的に強くなる時期に向けて良い感じになってきていました。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-17 23:59 | FC東京 2008

2008年の城福東京を振り返る -8月-

■8/6(水) 大分トリニータ △ 1-1 ナビスコ準々決勝 第2戦
 第1戦のホームで1-2と敗戦。
 東京が勝ち抜くためには2得点以上することが最低条件であるこの試合。

 試合3分にカボレの得点で早々と先制。
 しかし、あと1点が遠かった。
 
 「あと1点・・」
 リーグ戦とはまた違う雰囲気を味わうことができました。

■8/9(土) 名古屋グランパス ○ 1-0
 九州旅行の帰り、福岡から中部入りして瑞穂へ行った試合。
 互いに決定機を外しまくったものの、唯一得点に成功した東京の勝利。

■8/16(土) 浦和レッズ ● 0-1
 諸事情で67分までリアルに記憶のない試合。
 相馬の先制弾からは覚えているんだけどなぁ・・(´・ω・)

■8/23(土) 東京ヴェルディ ● 1-2
 遅刻したおかげでカボレの得点見逃す。
 青山一丁目駅で速報みた時はまだ0-0だったんだけどなぁ・・(´・ω・)
 結果だけ見れば3勝1敗ですが、やっぱ東京ダービーは全勝してなんぼ。

■8/28(木) 柏レイソル ○ 1-0
 なんか、雨降っていたおかげでピッチコンディションが凄まじかった試合。
 赤嶺のエリア外から巻いたシュートという珍しいものを見てしまった。
 
 この試合を勝利して、なにが大きかったかというと
 当時、柏と同じような勝点だった東京がその柏を直接突き放せたということで
 再び上昇気流へと乗ることに成功できたことだった。

 あと、あれ。
 常磐線内の路線案内を見ていて、厚木まで乗り入れしている現実に驚愕した。

■8月まとめ
 月始めの大分でナビスコ制覇の夢を断たれ、浦和と名門相手に苦虫を噛み潰した。
 結果2連敗と1分ですが、数字以上のダメージを受けた記憶があります。

 しかし、似たような勝点の柏相手に勝利。
 この勝利の勢いで、その後優勝戦線の端っこに陣取るまで上がっていきます。

 2008年の東京は似たような勝点を持っているクラブとの対戦で勝利している。
 この試合を制するかで、今度上昇するか下降するか決まる、そう言っても過言ではない試合
 で勝利できたことが上位に顔を出せた一因かな、と。
  ※ アウェイ名門、アウェイ大宮など
  
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-01-16 01:13 | FC東京 2008