<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

悟空伝

ベジータ大好き実況人のおもちもさんが新たなゲーム実況を始めた模様。


今回のソフトは「悟空伝」です。
自分もプレイしたことありますが、このソフト結構難易度高いですよね。

つーか、このゲームにベジータでてこないし(´・ω・)
 ※ドラゴンボール初回~ピッコロ大魔王まで

そんなわけで、これが2009年最後のBlog更新です。
(また1年が終わってしまった・・。)

それではみなさま、良いお年を。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-31 07:36 | Vegeta Tokyo

FC東京 2009シーズンを振り返る -2月・3月-

もう~いくつ寝ると~お正月~
お正月には~・・(´・ω・`)

Jリーグ開幕まで特に予定がありません。
そんなわけで、FC東京2009シーズンを振り返ります。

【FC東京 2009シーズンを振り返る -2月・3月-】
 2/22(日)14:00
 ●1-2 コンサドーレ札幌 @北谷公園陸上競技場

  沖縄で開催されたPSM。
  結構不便な所にあった北谷公園陸上競技場。
  次回はレンタカーで行こうっと。

  試合は梶山の得点でFC東京が先制。
  しかし、札幌ダニルソンの2発で逆転を許して敗戦。
  ダニルソンのFKは強烈でした・・。まさに地を這うとはこのこと。

  PSMなので、肝心なのは結果より内容。
  内容・・内容・・
  覚えていません(´∀`)

 3/7(土)13:00
 ●1-4 アルビレックス新潟 @味の素スタジアム

  家庭の都合で調整不足のカボレ、塩田と佐原の怪我・・  
  そんな感じで迎えた城福東京2年目の開幕戦。
  その中で目玉はなんといっても“権田・平松の新戦力”と“梶山の2列目起用”でしょうか。
  
  まぁ試合結果は開幕即転倒・・みたいな。
  結果以上に、期待に胸膨らませて観戦した方々を失望させる内容でした。
  しかし、この日と11/3を見比べると、クラブの成長過程を見る楽しみを実感します。

 3/14(土)14:00
 ●1-3 浦和レッズ @埼玉スタジアム2002

  いつものように田中達也やポンテにやられた試合。
  城福監督から迷いのようなものを感じた・・そんな試合。

 3/21日(土)14:00
 ○1-0 モンテディオ山形 味の素スタジアム

  今季初勝利を挙げた試合。
  残留争いをするとされた山形相手に勝利できたことは大きかったと思います。

  この試合で佐原が復帰し、2008年のいつものDF陣が揃う。
  また、石川と平山がスタメン。
  そして米本が途中出場。
  ある意味、2009年のFC東京はこの試合から始まったのかもしれません。

 3/25(水)19:00
 ●1-3 柏レイソル @日立柏サッカー場

  平日開催だったナビスコカップ予選第1節。
  用事済ませて後半に現地到着してみたら・・な試合でした。
  この時は柏が降格するとは思わなかったなぁ・・

 3/29日(日)14:00
 ○1-0 ヴィッセル神戸 @味の素スタジアム

  ナビスコカップ予選第2節。
  なんとか大竹が得点を奪い、勝利した・・という印象。
  また、出番はなかったものの、田邉草民がベンチ入りを果たします。
  この試合くらいから、「また1得点か・・」
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-30 02:26 | FC東京 2009

シーズン2冠

東京2-0広島 @長居スタジアム

大阪にて、Jユースカップ決勝を観戦しました。
ちょうど大阪に用があったので、そのついでに・・。

試合は2-0で東京が勝ち、優勝しました。
なんと、FC東京はこれで今シーズン2冠達成です(パチパチパチ

いや、難しい試合でした。
先制後、相手に退場者がでるも満足に試合を運ぶことのできない展開・・。
その苦しい中で2点目をもぎ取り、試合を決めたわけです。

最近、よくビッグフレームス入会を勧める案内を目にする機会があります。
この試合を観戦して、入会しても良いかなと思いました。
18歳の選手らが強い気持ちを持ち、嫌な空気に負けず勝利したのに心動かされたからです。

2度漬け禁止。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-29 08:03 | FC東京 2009

もしもブロリーが地球に送り込まれていたら 第十五話

が、リリースされました。

今回で天下一武道会は終了です。
ブロリーに意外な・・というより致命的な弱点が・・

[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-26 21:27 | Vegeta Tokyo

今日のベジータ -ドラゴンボール改 第37話-

ティーチャーとの戦闘開始。
それなりに善戦するベジータ。
c0051520_19552055.jpg
ここでフリーザに変身するよう促すベジータ。
そして後悔するという展開。

もうダメだぁ・・おしまいだ・・・
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-23 19:57 | Vegeta Tokyo

ウズベキスタンからきました

昨夜、何気なくニコニコ動画生放送をつけてみた。

すると、西川貴教がGacktとお話していた。
「粉雪」を歌っていた。
弾幕が凄まじいことになっていた。
c0051520_6491736.jpg
それにしても西川貴教。
ハプニングが起きると、なにかと「斬新」という言葉を使うような気がする。
そんなわけで、12/25は恵比寿できのこってください。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-20 06:50 | Nishikawa Tokyo

驚異的な中毒性

これは凄まじい・・
ブロリー作品で久々に見た大ヒット動画じゃないかな。

■ブロリーでおどるポンポコリン

[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-19 00:07 | Vegeta Tokyo

南アフリカW杯で日本と同組の国の首都クラブはいま -デンマーク・カメルーン-

今回はデンマークとカメルーンの首都クラブを紹介します。

【デンマーク/スーペルリーガ】
 デンマークの首都クラブの代表は「FCコペンハーゲン」です。
 FC東京みたいに、いかにも首都クラブというようなクラブ名です。
 そして、クラブカラーも青と赤。

 デンマークリーグの創設は1991年。
 創設年だけ見れば、Jリーグとそう大差ありません。

 FCコペンハーゲンの成績について。
 国内タイトルは1993年に初タイトルを獲得後、2000年代に全盛期を迎えます。
 2001年に2度目のリーグタイトルを獲得後、計6回のリーグ優勝を達成しました。
 その他、国内カップタイトルを3度等、数多くのタイトルを獲得しています。

 現在、リーグ戦は18節を終えて2位につけています。
 首位・オーデンセBKとの直接対決に勝利し、勝点1差で追いかける展開。

 リーグは今節終了に伴い、中断期間に突入。
 再開は来年3月です。

 <デンマーク・スーペルリーガ順位表 -18節終了->
     1位:オーデンセBK     38(12)
     2位:FCコペンハーゲン  37(20)
     3位:エスビャウFB     33(10)



【カメルーン/プレミア】
 プレミアディビジョンに所属している首都クラブは「キャノン・ヤウンデ」です。
 クラブ創設は1930年。
 クラブカラーは緑と赤。

 国内において、リーグ優勝9回・カップ優勝11回を獲得しており、
 アフリカ国際大会でも4度の優勝経験がある名門クラブです。

 しかし、近年はタイトルから見放されており
 最後に獲得したのは2002年のリーグ優勝まで遡ります。
 現在のリーグ成績は第8節終了時点とはいえ、勝点6の12位。
 
 <カメルーン・プレミア順位表 -8節終了->
   1位:コトンスポール・ガルア     19(12)
   ~~~~~~~~~~~~~~
   12位:キャノン・ヤウンデ        6(-3)
   13位:ヤングスポーツ・アカデミー  6(-3)

[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-18 09:07 | 世界の首都クラブはいま

今日のベジータ -ドラゴンボール改 第36話-

寝ている間に、ザコ共に出し抜かれてしまうベジータ。
ザコ共は2つの願いを使い、ムシケラを生き返らすことに成功。

そんな中、ベジータ起床。
c0051520_328691.jpg
慌ててザコ共と合流し、自分を不老不死にするよう交渉するベジータ。
もちろん冷静に大人の話し合い。
c0051520_3292030.jpg
話せ合えば人間通じるものです。
話し合いの結果、ベジータを不老不死にしてフリーザに対抗することに。

しかし、最長老の寿命が尽きてしまいポルンガ消滅・・。
その怒りをザコ共にぶつけようとした、その時・・

ティ・・
ティーチャー・・
c0051520_3324118.jpg
次回からはティーチャーとの戦いが始まります。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-17 03:37 | Vegeta Tokyo

人事もMoving

FC東京公式にて、いくつかin・out情報が公式発表されました。
まだ12月前半だというのに・・。

この時期の人事報道はつらいものがあります。
FC東京に貢献した選手数名が、今年も退団することになりました。

ただ、城福監督が目指すサッカーに適した人材を獲得しているのも確か。
城福流のMoving Footballを表現するための入替え・・ですかね。

一部報道によると、城福監督がオランダや南米を視察するかも・・とのこと。
記事には「外国人を含めた攻撃的な選手をリストアップ済み」とあります。
たしかに、中盤(梶山欠場時の代役をこなせる選手)と前線の2枚は獲得したいとこです。

それと同時に、城福監督退団後のFC東京がどうなるか・・。
そんなことを考える12月12日でげす。
[PR]
by wakusei-murakyo | 2009-12-12 19:03 | FC東京